So-net無料ブログ作成
検索選択

ニュース速報!

気になるニュースを独自の目線でピックアップします!

騎手の一分 感想とネタバレレビュー!競馬界の真実、楽天 [本]

sponsored link



騎手の一分--競馬界の真実と言う本を藤田信二さんが
出版されました。ザクッと読んだ感想と内容のネタバレについて語ってみます。
ネタバレが嫌な人は見ない方が良いのでご注意くださいね!

競馬業界の内部を当事者が明かすと言った内容なので
これはちょっと面白そうって思いました。

一騎手として人間として競馬、業界内部の腐敗など
色々と葛藤があるんだろうなーって思って見てみましたが、
割りと知ってる事が多かったりするので、

反復して聞いたことがある内容って本当のことなのかなー?
とも思いました。

さてさて、本の中で藤田は
「こういう状況を許すJRAがいけない」
という主張を前面に出している。

エージェントの問題
外国人騎手の問題
社台の一極集中の問題

もそういうルールを作り、
許容しているJRAがいけないそうだ。

一方で藤田は厩務員など競走馬に
直接携わる人には優しい眼差しを向けている。

しかし、一事業者である調教師が厩務員を好きに
選ぶことができない根本的な問題については触れていなかった。

もうどうしようもないところまできている
西高東低問題の要因のひとつには関東の労働組合の強さがあると言われている。

藤田が近い将来引退しアサヒ芸能などで
競馬について語るような場面がある時、
やみくもにJRA叩きばかりするのであれば、
それはあまりに近視眼的であると言わざるをえない。

オークスはメイショウマンボが制した。
スズカマンボ産駒がオークスを制すのだから、
今の競馬界のカオスぶりを象徴するようだ。

ま、祖父がサンデーサイレンスなので、
結局南極SS系という話ではあるが、
今週の馬場状態で2分25秒台の決着というのはどんなものなのだろうか。

ただ、勝ったのが「メイショウさん」で、
騎手が武幸四郎というのは藤田にとっても喜ばしい話だろう。





sponsored link
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。